終了・報告

【レポート】2023年度のアトリエつくるてをふりかえって

みなさんこんにちは。「アトリエつくるて」ファシリテーター(見守り人)のしょうじこずえです。今年度もたくさんのつくるてさん(参加者さん)とドキドキワクワクな時間を共有させていただきありがとうございました。

「アトリエつくるて」(以下、アトリエ)という場は、ゆるやかに自分のペースで過ごせる場です。
何を描いても作っても大丈夫です。疲れたら休んでも大丈夫ですし、ほかのつくるてさんとお話をしてても大丈夫です。迷ったときはファシリテーターと一緒にお話ししながらゆっくり進めてみましょう。障害の有無や国籍、年齢制限もありません。

そんなアトリエも今年で5年目を迎えました。
今年は新しい試みとして午前・午後と時間を分けて開催しました。
年々、つくるてさんの人数も増え、より多くの人にこのアトリエを体験できる機会が増えたら良いなと回数を増やして開催しました。その試みのおかげもあり、新しい出会いがたくさん生まれ、少人数体制で伸びやかに進められたメリットがある一方、これまでアトリエに継続参加していたメンバーが分散したことで会うことが難しくなってしまった人もいて「さみしい」という声もあり、課題も見えた一年でもありました。
コツコツと歩み続けてきたこのアトリエですが、同じ年などもちろんなく、毎年嬉しい変化や発見があります。7月~12月まで午前・午後合わせて計10回開催してきたアトリエをふりかえりながら、しょうじ目線での変化や発見を紹介できたらと思います。

〇つくるてさん同士の自然な“つくる・みる・話す・いる時間”

これまでつくる時間というのは、一人ひとりが黙々と机に向かって手を動かしている時間が多かったのですが、今年は自然と席を立ち、ほかのつくるてさんの作品を見に行ったり「何を作っているんですか?」「どんな画材で描いているんですか?」などコミュニケーションが生まれている様子が見られるようになりました。いろんな年代の人が参加しているのでお子さんが大人の参加者へ話しかけている様子も印象的でしたね。

つくる時間以上に大切にしている時間が“みる時間”です。
その日に作った作品を、つくるてさんの言葉で話してもらい、みんなで鑑賞する時間です。これまでは、つくるてさんとファシリテーターが一対一で会話を進め、他の人は聞いていることが多かったのですが、今年はファシリテーターの目線だけではなく、つくるてさんの目線で積極的に質問があり、そこから会話が広がり新しい見え方に気づかされた時間も多かったように感じました。

アトリエのこのような素敵な空気感は、その都度集まるつくるてさん一人ひとりが“つくる・みる・話す・いる時間”を自分のペースで過ごすことで自然と生まれている優しく温かい空気感と感じています。
来年度もまた皆さんとそんな時間を共有できたら嬉しく思います。
どうもありがとうございました。

レポート:しょうじこずえ

バナー:障害者芸術文化活動普及支援事業(厚生労働省)
バナー:ABLE ART JAPAN
バナー:Able Art Company