開催・募集

【群馬】ワークショップと事例発表「障害のある人の表現の向こうにあるもの」

開催日
2022年11月30日(水)
時間
10:00〜16:00
場所
群馬県青少年会館プレイホール
アクセス方法
〒371-0044群馬県前橋市荒牧町2-12
講師
関 孝之
今から30年ほど前に長野県の「風の工房」で、アート活動を提供し始める。1998年『アートパラリンピック長野』に実行委員として参加。群馬県内でも『わーくはうすすてっぷ』、嬬恋村で『アトリエもく』、中之条町で『なかんじょアートミーティング』で定期的にアート活動を提供。2011年NPO法人ながのアートミーティング設立。2016年~長野県主催の『ザワメキアート展』実行委員長。長野県内のいくつかの福祉事業所へ定期的なアート活動を提供。2009年~長野県知的障がい福祉協会主催『精神科領域支援実践セミナー』ス-パーバイザー(支援×アート)
内容
【ワークショップ】10:00〜12:30
『わたしたちの感覚をざわめかせる障がいのある人の表現』
講師 : 関 孝之 氏
対象 : 障害福祉事業所管理者・サービス管理責任者
定員:30名

★手のうごくまんまぐりぐりぬりぬり『アートなんてよくわからない、苦手だ』という既存の美術に対するイメージを溶きほぐします。
★ザワメキアートの作品の向こう側にあるモノガタリ
福祉現場でアート活動を取り入れる意味とは。

【事例発表】13:15〜14:50
『アートは私のこころ』
パネラー : 工房あかね・あめんぼ・アトリエもく・なかんじょアートミーティング
※関氏とパネルディスカッションも
対象 : 障害福祉事業所管理者・サービス管理責任者、アート活動を始めたい人
定員:50名

【交流会】15:00〜16:00
事業所紹介と意見交換
日頃感じている課題や疑問など、関氏との質疑応答
定員:50名
お願い
・ワークショップには、表現活動に適した動きやすい服装でご参加ください。
・感染防止対策として、マスク着用、手指消毒、検温にご協力ください。
参加費
無料

令和4年度 厚生労働省 障害者芸術文化活動普及支援事業 ぐんま障害者芸術文化活動支援センター(仮称)開設準備事業

主催:南東北・北関東広域支援センター(NPO 法人エイブル・アート・ジャパン) 一般社団法人あったらいいなをカタチに
共催:群馬県社会就労センター協議会
後援:群馬県

問い合わせ

一般社団法人あったらいいなをカタチに
障害のある人も高齢になった人も「自立して望む暮らしができる社会」の実現をめざすサードプレイスとして、『ユニバーサルカフェ(誰でも利用できるこども食堂)』『おもちゃの図書館』『アートてらす』『福祉情報発信』などをボランティアで運営している。2021年開設。

〒371-0244 群馬県前橋市鼻毛石町1991-49
電話:090-4841-7355
メール:atp@attaraiina2022net

バナー:障害者芸術文化活動普及支援事業(厚生労働省)
バナー:ABLE ART JAPAN
バナー:Able Art Company