まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者芸術活動支援センター@宮城

お知らせ

SOUPの研修2019

2019.09.17    研修    [募集中]

soup2019kensyu.jpg

SOUPの研修2019
宮城県平成31年度障害者芸術文化活動支援業務

参加者募集中!(要申込み・参加費無料)
チラシはこちらからダウンロードできます

なぜ、福祉の現場で芸術文化活動に取り組むのでしょうか。
障害のある人の芸術文化活動は、作品を輩出して発表することにとどまらず、さまざまな可能性を秘めています。
例えば、健康と福祉/芸術文化活動が生活リズムを整え、精神衛生によりよく影響する視点、教育/芸術文化活動が自己成長を促し生涯学習のひとつとなる視点、経済/芸術文化活動はその価値が経済的対価となる視点、社会/芸術文化活動は障害のある人たちが持つ力、作品の魅力、またその人と作品を取り巻く人たちのエネルギーから障害のある人たちの社会的イメージを変え、役割を変え、地域社会の変化を促すことに影響する視点、などです。
こうした視点について、現場を訪問しながら考え学ぶ、それがSOUPの研修です。ぜひ、あなたのまわりにいる障害のある人の可能性を開き、豊かな環境づくりをしてみませんか。研修への参加をお待ちしています。


◇芸術文化活動の支援方法に関する研修

県北地域編
2019年11月14日(木) 13:00~16:00

◆プログラムA フィールドトリップ「アトリエうららのひみつ」 定員20名
公益活動拠点として新しく完成した、障害のあるメンバーの創作と展示の場、ギャラリーくらら、アトリエうららの見学を行います。
時間:13:00-13:50 
会場:アトリエうらら(宮城県石巻市中央町3丁目65-1)
案内役:黒田龍夫さん(社会福祉法人石巻祥心会)

◆プログラムB 講座「みて・これ・アート!?~障害のある人の表現活動を見出す」 定員20名
福祉の現場の芸術文化活動で生まれた作品を、どのように見出し、展示に結びつけたらよいのでしょうか。展示に際して必要な視点や考え方を、具体的な技術も交えて学びます。作品の生かし方を、一緒に考えてみましょう。
時間:14:00-16:00
会場:アトリエうらら(宮城県石巻市中央町3丁目65-1)
ファシリテーター:櫻井育子さん(生涯発達支援塾TANE代表)
講師:松﨑なつひさん(宮城県美術館学芸員)、高田彩さん(ビルドフルーガス代表)


県南地域編
2019年11月26日(火) 13:30~16:00

◆プログラムA 講座「白石陽光園のひみつ」 定員20名
なぜ、福祉の現場で芸術文化活動に取り組むのでしょうか。白石陽光園を見学しながら、はたらく・あそぶ・まなぶ・くらす……、そんな生活のなかでみつける・ひきだす現場の極意を考えます。
日時:2019年11月26日 13:30-14:20
会場:白石陽光園(宮城県白石市福岡長袋小倉山14−2)
案内役:小岩泰恵さん(社会福祉法人白石陽光園)

◆プログラムB 講座「みて・これ・アート!?~障害のある人の表現活動の今」 定員20名
さまざまな材料や方法によって生まれる、アトリエうららのアーティストたちの作品や、「表現のようなもの」を探る他薦公募展「レコメン堂」の作品を見ながら、アートの芽を発見する目を養いましょう。
日時:2019年11月26日 14:30-16:00
会場:白石陽光園(宮城県白石市福岡長袋小倉山14−2)
ファシリテーター:柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート・ジャパン)
講師:黒田龍夫さん(社会福祉法人石巻祥心会) 佐竹真紀子さん(一般社団法人NOOK)

◆特別編! 白石市福祉まつり2019見学
地域で30年続くお祭りを、一緒に楽しみましょう。この時間帯に、社会福祉法人白石陽光園の活動発表があります。
日時:2019年11月2日(土) 10:00-12:00
会場:ホワイトキューブ(宮城県白石市鷹巣東2丁目1−1)


◇展示会のひらき方に関する研修

◆実践!「伝える力の1・2・3!」 定員20名
作品を生み出す作家や支援する環境(活動)について紹介する、そんな機会も増えてきました。ライターやキュレーターたちが伝えるウェブメディアやカタログを通して、伝えるコツを磨いてみましょう。
日時:2019年12月5日(木)10:00~12:00
会場:せんだいメディアテーク7階会議室a(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
講師:渡邉竜也さん(グラフィックデザイナー)

◆実践!「魅せる力の1・2・3!」  定員20名
宮城県の作家や作品、ここ数年で、地域の喫茶店、病院、復興商店街、防災センターなど多種多様な場所で展示をする機会が増えているようです。でも、ミスマッチな額装で作品を台無しにしていたり、展示された作品が思いっきり傾いていたり…なんてことがよくあります。日常的に作品を扱うギャラリーのオーナーや学芸員さんの視点とワザに学びましょう。
日時:2019年12月12日(木)14:00~17:00
会場:宮城県美術館創作室 (宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1)
講師:松﨑なつひさん(宮城県美術館学芸員)、関本欣哉さん(ギャラリーターンアラウンドオーナー)
協力:宮城県美術館

◆アートと著作権に関する研修
ある人が絵を描きました。その作品はだれのもの?作品を展示したい。だれがどのように決めるの?作品を販売したい。だれがどのように決めるの?表現活動とともに生まれる権利「著作権」。恒例となった、アートと著作権(基本編)を実施します。
日時:2019年2月5日(水) 14:00〜16:00
会場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
講師:上林佑弁護士


【研修のお申し込みについて】
参加ご希望の方は、次の必要事項を、郵送・TEL・FAX・メールでお知らせください。
・参加希望講座
・お名前
・所属/活動内容
・ご住所(団体の場合は、団体名までお書きください)
・電話番号
・ファックス番号
・メールアドレス

【お申し込み先】
特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目3−22第五菊水ビル3階(東北リサーチとアートセンター内)
TEL:070-5328-4208
FAX:022-774-1576
Email:soup@ableart.org

お知らせ一覧にもどる