まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者芸術活動支援センター@宮城

お知らせ

〔SOUPの研修 報告⑤〕障害のある人の表現活動と著作権 /アートと著作権 基本編

2018.03.14    報告

SOUP(障害者芸術活動支援センター@宮城)は、人材育成研修として「創造する力をつくるSOUPの研修」を
2018年1月〜3月に開催しています。障害のある人の表現活動と著作権「アートと著作権 基本編」報告レポートです。

●アートと著作権 基本編
ある人が絵を描きました。その作品はだれのもの?作品を展示したい。だれがどのように決めるの?作品を販売したい。だれがどのように決めるの?表現活動とともに生まれる権利「著作権」。
-----------------------------------------------------------------
日 時 : 2018年2月22日(木) 14:00~17:00
会 場 : みやぎNPOプラザ研修室1(仙台市宮城野区榴ケ岡5)
参加者 : 7名
-----------------------------------------------------------------
20180322163043-f116927721cd75c4de9791f53c028a4523e47569.jpg

講師を務めるのは上林佑 弁護士。
参加者は、実際に作品を製作しているアーティストのほか、施設職員、映像作家などが参加しています。
20180322164445-3b5243fa99422f1814d7181f80efb478ac937b74.jpg

まずは練習問題的に事例をいくつか取り上げて見ます。法的な責任がどこにあるのか、その理由も交えて解説していきます。
そもそも「著作権」とは何か?という面から、具体例も踏まえつつ解説していきます。
著作権と所有権、特許権の違いとは?著作権は誰が持ってるのか?(主体はだれ?)と言った切り口で、解説を進めていきます。
20180322171522-d68bf9d3d46708e365b784bfe5a707222c985b98.jpg

続いて、“「著作物」ではないもの”という点から具体例をあげていきます。そこから広がって、著作権とはどのような権利であるか訴求していきます。
他人の著作権(物)は使えるのか、利用に関する契約の話等、関連する話題にも踏み込んでいきます。

質疑応答では、作品そのものの取り扱い(cf:作品のプロダクトへの利用、著作物を描いた作品は?等)に関する質問が多く寄せられました。


(文責:三澤)

お知らせ一覧にもどる