まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者芸術活動支援センター@宮城

お知らせ

身体表現ファシリテータ養成ワークショップ/こころの動きをつかまえる・身体の可能性をみつけるじかん

2018.02.20    研修    [終了しました]

20171222155927-7fa987ce425edd2f53d940d5e671d5b3d6aa91af.png

○こころの動きをつかまえる・身体の可能性をみつけるじかん
つどいの家・コペルの利用者対象のワークショップに参加し一緒に体験します。事前にワークショップについてのねらいや手法についての講座があります。

〔ワークショップの内容〕
こころが動いたとき、からだから表現が生まれます。表現は1人1人違っていて、大きな動きもあれば、見逃してしまいそうな小さい動きもあります。いろいろな身体から生まれる表現を見つけて、ダンスをつくります。みんなでおどろう、楽しいを見つけましょう!このワークショップでは、ケアする人がいろいろな表現を感じて見つけて、みんなで表現することを楽しむ方法を学びます。

日 時 : 2018年3月5日(月) 16:00~17:30 講座
     2018年3月6日(火) 13:30~15:00 ワークショップ
     15:00~16:00 振り返りディスカッション
会 場 : 社会福祉法人つどいの家 つどいの家・コペル
     (仙台市若林区上飯田1-17-58)
対象者 : 身体表現に関心のある人、アーティスト、教員、福祉施設スタッフ、学生など
定 員 : 5名

ファシリテータ
川熊 美貴
パフォーマー、演出家。大学卒業後、高校の美術講師、児童の絵画教室アシスタント、児童館勤務を経て、演劇や美術を取り入れたアートプログラム作りをしている。 2011年から、幼児親子が観て参加する舞台の創作、上演を行う「おはようシアター」を立ち上げ、幼稚園や保育所、児童館などでの上演は年間約60公演に上る。障害者就労支援施にて、身体表現の時間や、美術の時間の講師多数。

つどいの家・コペル
生活介護事業、特例生活介護事業を行い、主に重症心身障害、重複障害、知的障害の方が通所しています。「はたらく」「社会参加」「地域交流」をキーワードに医療的ケアの必要なかたも積極的に地域、社会に働きかけていくよう支援している事業所です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お問い合わせ・お申込み先】
特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局 (武田)
〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 みやぎNPOプラザ内 No.16
Tel : 070-5328-4208 Fax : 022-774-1576 Email : soup@ableart.org
【お申込み方法】
参加ご希望の方は、お名前 (ふりがな)、連絡先TEL、FAX、メールアドレス、
ご住所 (自宅以外の場合は、団体名までお書きください)、所属・活動内容を
ご記入いただき、郵送、FAX、メールにてお申込みください。
定員になり次第締め切らせていただきます。
定員を超えてご希望に添えない場合のみ、ご連絡いたします。
※同伴者の有無と、サポートの必要がある場合はその内容をあらかじめ事務局まで
 お知らせください。
※お預かりした個人情報は、各研修の受付事務においてのみ使用させていただきます。
※開催日の1週間前までにお申し込み下さい。

お知らせ一覧にもどる