まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者芸術活動支援センター@宮城

お知らせ

【SOUP報告9】SOUPのレシピ展 10の事例、100のキーワード

2017.05.01    報告

宮城県の障害のある人の表現活動を紹介する展示会
SOUPのレシピ展 10の事例、100のキーワード

開催期間: 2017年1月28(土)~30日(月)10:00~19:00
会場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
SOUPの3年間の活動の中で、つながった人、
生まれたモノ、コトを10の事例、100のキーワードに整理。
相談、人材育成、参加型展示会、鑑賞・対話、財源・マネジメント、著作権、
ネットワーク、場所・材料・道具、発信という視点から、作品や関連する物、
写真、映像などを紹介しました。
20170501155821-3e90a7c275a8feb853c81291ff7698ddb210e0e1.jpg
20170501141029-676cdccd023c564ed444d560d1590da726851db7.jpg20170501144603-d6ba6b430d26d1cd57772aeb701e5555fb65c461.jpg20170501141225-be2c2b9b9f0372f7d11b0ff86b06cce88a4cca52.jpg

■「SOUPのレシピ展」 関連イベント
◆表現するこころからだを育てる音楽編 公開ワークショップ
1月28日(土)13:00~14:00/展示会場内/参加者23人
ファシリテータ:山路智恵子(即興音楽家)
20170501153905-5220de3239f07c1cd7152554f1ebb77cbe3224e6.jpg
20170501160245-03c0a881cacee679944ea21430ee54babd0a694a.jpg
◆SOUP2016実践報告会
1月28日(土)14:30~16:30/展示会場内/参加者72人
山元町、石巻市、栗原市で開催した「めぐるみやぎのアート展」(2016年11月5日~12月25日)や、
SOUPの人材育成研修2016(2016年9月~12月)で行われてきた
各地での実践を通していろんな人が出会い、どのような変化が起こったのでしょうか。
また、これからの課題は何がみえたのでしょうか。
3年間の実践を踏まえて障害のある作家や関係者が集まり、話しあいました。
20170501152547-baf98aa6483d2d25d23254fd798917dbc3893142.jpg
【テーマと話題提供者】
1.《積みあげたノウハウを生かし、栗原の山里で新たな挑戦!》
菅原一住子(社会福祉法人栗原秀峰会障害者相談センターあらいぶ)/瀬尾夏美(画家、作家)
20170501161411-acf402ed4bd6c2382f2c57593b45c4e438bed974.jpg
2.《石巻のまちと障害のある人のアートがまざった!》
柳田哲雄(東北芸術工科大学芸術学部美術科テキスタイルコース専任講師)/
宮川和子(ペンギンズアート工房)/三浦晴子(フォトグラファー/キュレーター/halken LLP共同主宰)
3.《山元町の復興に貢献する障害者アート》
刈田路代(特定非営利活動法人ポラリスアートスタッフ)/
柴崎由美子(特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン代表理事)
4.《人と人とをつなぐクリエイティブワーク》
坂部認(特定非営利活動法人多夢多夢舎中山工房スタッフ)
/森雄二、若月靖(特定非営利活動法人多夢多夢舎中山工房メンバー)
20170501161439-f1f4707ade5ff59d111866b3edc1148d31a73b85.jpg
5.《障害の内容を理解し寄り添う(視覚障害のケース)》
スティーブ・メイヤーミラー(特定非営利活動法人クロスロードアーツCEO)/
ブレンデン・ボレリーニ(特定非営利活動法人クロスロードアーツメンバー)/
安藤修二(認定特定非営利活動法人ビートスイッチ)
20170501161522-0b6ab24e2175fac013c41d5bc41ed653a1dd5470.jpg
【コメンテーター】
齋正弘(宮城県美術館学芸員教育普及部)/アイハラケンジ
(halken LLP/アートディレクター、東北芸術工科大学准教授)

◆SOUP交流会
1月28日(土)17:00~19:00/クレプスキュールカフェ(展示会場となり/参加者30人

◆凹凸写真展
「WALKING IN SOMEONE ELSE'S SHOES - 誰かの靴を履いて歩く」
日時:1月6日(金)~30日(月) 9:30~18:00 (期間中日祝ほか定休日あり)
場所:ニコンプラザ仙台 (宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル)ビル29F)
表現するこころ・からだを育てる カメラ編@仙台(2016年12月7日)で行ったワークショップの参加者による凹凸写真展です。みえない人、聞こえない人、みえる人、さまざまな人が同じ立場で触覚、味覚、嗅覚をつかい世界を感じ、過去の記憶を語り合いました。そしてその物語を一眼レフカメラで撮影し、立体コピー写真として出力、その凹凸を感じながら鑑賞します。
20170501154919-cf0d615ba0a004242e371e39c66a250d71b70441.jpg
「私たちは私たちの精神を通じてものをみます。私たちは私たちの物語を語り、そしてそれぞれが他の誰かの靴を履いて歩きます」(NPO法人クロスロードアーツCEO スティーブ・メイヤーミラー)
20170501155013-2b9b4d4b55d1d8eac474c8c5c1687f67a1710ced.jpg

お知らせ一覧にもどる