まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者芸術活動支援センター@宮城

お知らせ

【報告】平成28年度 障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城(SOUP)

2017.07.02    報告

平成28年度 障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城(SOUP)
平成28年度は全国10ヶ所で取り組まれた本事業。当法人も3年目の取り組みを終了しました。
下記より報告書をダウンロードいただけます。

まぜると世界が変わる 障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城 2016-2017
ダウンロードはこちら
(全ページと分割ページが入っています。)

宮城県で実施した活動支援3年間のケーススタディ、相談支援研究会や人材育成研修の報告、調査・発掘、評価・発信事業のダイジェストについても紹介。

障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城 2016-2017 調査・発掘、評価・発信 報告書
ダウンロードはこちら
(全ページと分割ページが入っています。)

アンケート調査、訪問調査による作家・福祉施設・学校等のレポート、障害者の芸術文化活動支援の課題と評価軸についての提言ならびに評価委員のレポートを紹介。

冊子をご希望の方は下記事務局までお問い合わせください。(送付用切手代をご負担いただきます)

特定非営利活動法人 エイブル・アート・ジャパン東北事務局
 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 みやぎNPOプラザ No.16
 TEL 070-5328-4208 FAX 022-774-1576 Email:soup@ableart.org


【平成28年度 事業の報告】

■障害者への美術活動の支援方法に関する研修
ⅰ.関心層を掘り起こしていくためのワークショップ型研修(計6回)

【活動訪問ツアー&語り場】⇒こちらから【SOUP報告1】
・一緒に見つける可能性 - それぞれの表現と創造力を開花させる支援方法と必要性
講師:ライラ・カセム
9月29日/参加者13人/仙台市
20170428215355-df1d17787fa82b00a1301ba08ee485e016b3f953.jpg
©三浦晴子

【表現するこころ・からだを育てる】
・音楽編まっくらで音あそび
ファシリテーター:山路智恵子(即興音楽家)
9月10日/参加者9人/仙台市
・ダンスと音楽編@仙台、栗原⇒こちらから【SOUP報告2】

ファシリテーター:里見まり子(即興舞踊家/宮城教育大学特任教授)、山路智恵子(即興音楽家)
10月12日/参加者14人/仙台市
20170428211731-f31f4e756f719d09535a79a13ab01878f188f2c5.jpg
©三浦晴子
10月19日/参加者21人/栗原市

【表現するこころ・からだを育てる】
・カメラ編@仙台⇒こちらから【SOUP報告3】
ファシリテーター:スティーブ・メイヤーミラー [Steve Mayer-Miller] (クロスロードアーツ芸術監督・CEO)、ブレンデン・ボレリーニ [Brenden Borellini] (写真家/クロスロードアーツ・メンバー)
12月7日/参加者/34人/仙台市
20170428212349-a3d0f4ab5ecdd405e145baae5d640a298580a3fb.jpg
©三浦晴子

【鑑賞プロジェクト】
・美術と手話プロジェクト@宮城⇒こちらから【SOUP報告4】
ファシリテーター:齋 正弘(宮城県美術館教育普及部 学芸員)、美術と手話プロジェクト
2月4日/参加者32人/仙台市
20170428212458-2d6305110314e7fa39f24076b833ea24ecc477bd.jpg
©三浦晴子

ⅱ.参加型展示会に向けた実践研修(計4回)
【みつける/つなげるワークショップ】
・ふうけいときおくを描く
20170428213441-0524fe5c92e8b9473bd7dcccb8f5751da850c546.jpg
©瀬尾夏美
ファシリテーター:瀬尾夏美(画家、作家)
10月24日・25日/参加者11人/栗原市

・いろと遊ぶ
ファシリテーター:土屋麻美(エデュケーター)
10月27日/参加者20人/栗原市
20170428213630-f0639e7171f5099e4246765a3e8fdb51ae666143.jpg
20170428213656-6a0e8b695b68a980940a3f37c499c13d94316a75.jpg

【タムタムとめぐるトワル@栗原】
ファシリテーター:中村紋子(美術家)、多夢多夢舎中山工房
10月30日/参加者25人/栗原市
20170428213857-2f90842a9eb73fc5a7374ba582118a205a5e9554.jpg
© Ayaco Nakamura

【振り返り&みつける・つなげる語り場】
ファシリテーター:齋正弘/12月21日/参加者10人/栗原市

■ⅰ.参加型展示会(栗原市・石巻市・山元町)
【めぐるみやぎのアート展】
3年間の活動の集大成として宮城県内3地域で実施。
過去の実施地域(2014年度・山元町、2015年度・石巻市)では、展示会をきっかけにできた
アートスペースを会場に地域の障害のある人や地域のキーパーソンとなる団体を中心に
参加型の展示会を企画運営した。
栗原市では初めて地域の障害のある人とアーティストが協働し展示会を開催。
3会場をめぐるワークショップとして、仙台市の団体が障害のある人と
来場者との交流ワークショップを開催。

【くりのはらのアート展 みつける/つなげる】⇒こちらから【SOUP報告5】
開催期間:2016年11月5日(土)~11月27日(日)
会場:風の沢ミュージアム(栗原市)
出展作家4名+団体2カ所/出展作品76点/来場者数262人
関連企画:「オープニングセレモニー&ギャラリーツアー」11月5日/参加者34名
20170428214117-c75229573b631f4c6ec26ef5d7f0362dba861c12.jpg
20170428214151-5904abd9b3fa6fae2952a3388f0728f6beaf6683.jpg
©三浦晴子

【いしのまきのアート展 コラボノカタチ】⇒こちらから【SOUP報告6】
開催期間:2016年11月19日(土)~12月25日(日)
会場:ペンギンズギャラリー(石巻市)
出展作家12名+大学生5名/出展作品19点/来場者数120人
20170428214302-6e2dc01bf3e929141d6acaa829771263e29af456.jpg
©三浦晴子

【やまのもとのアート展 ふっ・こう・ふく】⇒こちらから【SOUP報告7】
開催期間:2016年11月15日(火)~12月11日(日)
会場:ポラリス&「こう・ふく」アトリエ(山元町)
出展作家1名/出展作品15点/来場者数683人
関連企画:ダンスパフォーマンス「HAPPYやまのもと~ダンスでHAPPY~」
12月4日/参加者180人
20170428214359-5e1b0793051939eee6fc5079439eec01c70772c8.jpg
©瀬尾夏美

【3会場共通 ワークショップ「タムタムと、めぐるトワル」】⇒こちらから【SOUP報告8】
栗原会場: 11月12日/参加者21人/
石巻会場: 11月26日/参加者24人/
山元会場: 11月24日/
参加者32人
20170428213927-32bf7a806d853074bd1ca6584c2c706f95bfbf07.jpg
© Ayaco Nakamura

■ⅱ.参加型展示会(仙台市)
【SOUPのレシピ展 10の事例、100のキーワード】⇒こちらから【SOUP報告9】
めぐるみやぎのアート展報告展示、SOUPの3年間の活動の中で、つながった人、生まれたモノ、コトをレシピとして10の事例と100のキーワードをテキストと作品や関連する物、写真、映像などで展示。
期間:2017年 1月28日~1月30日
会場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
出展作家3人+プロジェクト2/出展作品37点/来場者数1,360人
20170501165959-36e8aa89569fd6b4087521459281595b1ff2f9a4.jpg
©三浦晴子

■関連企画:4事業
・ 表現するこころからだを育てる音楽編 公開ワークショップ1月28日/参加者23人
20170501170107-f1425cbed5f774a1bfda0fe2c5dcfc476d9b5c1a.jpg
©三浦晴子
・ SOUP2016実践報告会/1月28日/参加者72人
20170501170132-a64e2d8676d2446ebdc3c122378f4b4efd3698a3.jpg
©三浦晴子
・ SOUP交流会/ 1月28日/参加者30人

・凹凸写真展「WALKING IN SOMEONE ELSE'S SHOES - 誰かの靴を履いて歩く」
表現するこころ・からだを育てる カメラ編@仙台(2016年12月7日)で行ったワークショップの参加者(10人)による凹凸写真展。
期間:1月6日(金)~30日(月)
会場:ニコンプラザ仙台/来場者数650人
20170501170205-97b94117a38b4dc9936f3781232e7aa2aad0952a.jpg
©三浦晴子

■著作権等の権利保護に関する研修(計2回)
第1回:アート著作権【基本編】2月16日/参加者18人
第2回:アートと著作権【応用編】3月2日/参加者16人
20170214100925-c29aa1595c55caadf7c6f66867793438a88bf5c1.png

■ステップアップ研修 
障害のある人の芸術文化支援:ステップアップ編
3月23日/参加者11人/仙台市
20170228141959-54c9acf32b89ea8f1746699562d2d16a5e55487a.png

■相談窓口の設置
 障害のある人やその家族、支援者に対しての相談窓口を設置しました。
相談の内容は、[場所・材料・道具]、[支援方法・支援者]、
[発表する・広報する・記録する・保存する]、[鑑賞する・対話する]、
[財源・マネジメント]、[所有権・著作権]、[アドバイザー・地域資源]です。
関係機関のご紹介やアドバイスも行っています。
お気軽にお問合せください。

■相談支援研究会(2回・非公開)
第1回:教育分野連携編/11月25日/参加者9人/
仙台市教育局、宮城県障害福祉課、仙台市障害者支援課 、モデル事業連携事務局(滋賀県)、事務局スタッフ
20170501112844-4eea2232481d9fca3fab529b646dc40ce65d250b.jpg
第2回:芸術文化分野連携編/3月13日/参加者9人/
宮城県障害福祉課、宮城県生活文化課、弁護士、学芸員、文化団体理事、
市民活動セクター職員、事務局スタッフ

■協力委員会の設置
学芸員、弁護士ほか、福祉・芸術文化・教育・NPOの支援機関等の分野から14名で協力委員を設置。
・第1回協力委員会/6月30日/出席者10人+事務局4人
2015年度事業の評価を確認しながら、3年目の事業計画、
さらに中長期的なSOUPの活動方針について議論。
・第2回協力委員会/3月13日/出席者9人+事務局3人
2016年度障害者の芸術活動支援モデル事業の報告、今後の事業計画について議論。

■調査・発掘、評価・発信事業
学芸員、アートディレクター、ライター、研究者、NPOの分野から6人の評価委員会を設置し、
年間3回の調査・発掘、評価・発信委員会の開催

●調査の内容
(1)アンケート調査
宮城県内学校、福祉施設等に郵送、メールで合計782件配布。
(2) 訪問調査、発掘
2016年11月から2017年2月の間で、特別支援学校1、高等学園1、特別支援学級1、福祉施設4、
個人5カ所を訪問、ヒアリングした。
20170428211524-2d897171241f2454cdd028cc450b771a520e2c90.jpg
©三浦晴子

●評価・発信の内容
・①現代アート(作品・表現の評価)、
②作品の売買(美術市場など)、
③二次利用(商用利用など)、
④環境、これら4つの視点を評価軸とし、作家・作品・活動の評価を実施した。
・アンケートの【第2部】「作家・作品調査」に記載した人、訪問調査で見聞した人と合計48人から、
最終的に22人の作家を選定した。
・原画を集荷し、作品を撮影・スキャンしてデジタルデータを作成。
また、創作活動のきっかけ、様子、発表履歴を集め、それを編集してプロフィールを作成。
あわせてウェブサイトで公開。⇒こちらから【SOUP宮城の作家】

【ご相談・お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 エイブル・アート・ジャパン東北事務局
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 みやぎNPOプラザ No.16
TEL 070-5328- 4208 FAX 022-774-1576
Email:soup@ableart.org 
Web:http://soup.ableart.org/

特定非営利活動法人 エイブル・アート・ジャパン東京事務局
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11- 14 アーツ千代田3331 #208
TEL 03-5812- 4622 FAX 03-5812-4630 
Email:office@ableart.org
Web:http://www.ableart.org/

お知らせ一覧にもどる