まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城

お知らせ

美術と手話プロジェクト@宮城

2016.12.22    研修    [終了しました]

20161005003656-dcd99bc452734ac10bd31f42d4d0f5c27a9178ae.png

■日時 :2017年2月4日(土) 13:30~16:30
宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1)
■対象者 : 聞こえない人、聞こえにくい人、聞こえる人、
美術と手話プロジェクトに興味のある人、学生 ほか
■定員 : 20名(美術館入館料が必要です)

「美術と手話プロジェクト」は、聞こえない人・聞こえにくい人の美術鑑賞の情報保障を考え、
手話を使って鑑賞を楽しむ企画を実践する市民グループです。障害のある人が芸術文化を楽しむには? 
そもそもどれだけ芸術文化を楽しむ機会はある? 宮城県美術館の常設展を会場に一緒に楽しみ、考えましょう。

■ファシリテータ:
齋 正弘 (さい・まさひろ)
宮城県美術館教育普及部 学芸員。1979 年より宮城県美術館の建設と運営に教育担当学芸員として関わる。
主に、年少/ 年長者や障害を持つ人達との美術を通した教育的な活動について経験が深い。
美術と手話プロジェクト
2011年からエイブル・アート・ジャパンを拠点に、「美術」「美術館」「手話」「聞こえない人」という
キーワードに関心を持つ人たちが緩やかに集まり、自由に議論したり、意見を出し合い、これらの課題に取り組む活動をはじめている。

■お問い合わせ・お申込み先
 NPO法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局(武田、佐々木)
  〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 みやぎNPOプラザ 内 No.16
  tel:070-5328-4208 E-mail:soup@ableart.org

お知らせ一覧にもどる