まぜると世界が変わる SOUP Sign x Open x Upset x Planet

障害者の芸術活動支援モデル事業@宮城

活動内容

つくって、ひろげて、つなげて、まもる

SOUPは、障害のある人が自由に表現し、文化芸術にアクセスするために活動します。

[相談窓口の設置]

障害のある人やその家族、支援者に対しての相談窓口を設置しました。相談の内容は、[場所・材料・道具]、[支援方法・支援者]、[発表する・広報する・記録する・保存する]、[鑑賞する・対話する]、[財源・マネジメント]、[所有権・著作権]、[アドバイザー・地域資源]です。関係機関の紹介やアドバイスも行っています。お気軽にお問合せください。詳細は「相談の事例」をご覧ください。

[人材育成のための研修]

障害のある人の芸術活動支援に関する研修会、障害のある作家の著作権保護に関する研修会を実施します。また「障害とは何か」「障害のある人の芸術活動に必要なものは何か」をテーマに対話やワークショップの場を設け、活動をひらく機会をつくっています。

[関係者のネットワークづくり]

宮城県内の福祉団体・芸術文化振興団体・自治体などの関係機関とのネットワークづくりを行っています。また、作品の調査・発掘、評価・発信にかかる取り組みも実践します。

[参加型展示会の開催]

宮城県内では、障害のある人たちがいろいろな場所でいろいろな人といろいろな表現活動をしています。いつもは個々それぞれに活動をしていますが、ときには力とアイディアをもちより発表することを実践します。学び、交流、社会的インパクトにつながるプログラムです。